久留米、うきは、田主丸。

久留米、うきは、田主丸を行きつ戻りつの
三日間はとてもたのしかった。

心には、Lus Cafeライブの日に図らずも台風の雨で…。
ふと、あの日のあの時の大雨を思い出す。
でも口に出さずとも、共有した気持ちは一緒。
その日を迷わずたのしく過ごす。
みんなで歌う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

翌日上がった雨は、耳納連山を美しく照らしていました。

たくさんの友が助けてくれる。
こんな私たちだって助けになるんだったら歌いに行く。

みんながもっと、Happyですごせますように。

雨はちょうどいいくらいで、お願いします。

今日は、ひとやすみ。

久留米、たのしかったなぁ…。
本当に楽しかった。

 

Immediately, happy night will melt away…

サツキ

 

#スモサの旅 #cafe #久留米 #うきは #田主丸

Bar Musicの日のこと。

25日が少しづつ近く。

それが、Small Circle of Friendsでも

STUDIO75でもブランニューな音を

秘密を伝えるよに、想っていたことを

打ち明けるよに、その日が来る。

どんな情景だって、少しの不安と

楽しさを抱えた目で見るのです。

見せるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

「暮しの手帖」Bar Music

向かう電車で「少し寂しい」とふと想った
10/20の日記に…)

と書いたのは夜になる暗闇を眺めながら

「音を作り続けるのはタイムリミットがあるんだ」

とふと頭に浮かんだから。

それが、子供でも大人でも関係なく。

聴くことも作ることも、時間が限られている

自然の摂理を「あっ」と気づいた。

いや、知ってて知らないふりしてた。

そのくらい「あー音楽好きなんだ。本当に好きなんだね」

って浮かんだんだよね。

 

 

 

 

 

 

前にも書いたけど、好きな音楽だけ聴いていたいと。

だって、一生かけても聴き尽くせないほどある。

目に見えた何かが消えないまま、Bar Musicのドアを開けた途端

溢れる音楽に…

「じゃーそのわからない『これから』をもっと聴いていよう」

と思い返したら、悲しい気持ちは忘れていました。

 

アズマさんの、中村くんの選ぶ音。

みんなで話す音楽。

 

 

 

 

 

 

 

 

ホントに、いつも私の書き方(話し方は)

わかりづらくてごめんなさい。

だけど、久しぶりに日記を再開した時に

ただただ、思うままに書こうと決めたから。

こんな風になっています。

このまま付き合えてもらえたら、また読んでください。

 

 

 

 

 

 

 

 

10月25日に発売します。

STUDIO75 4th 「Over Your Shoulder

STUDIO75は歌詞がないけれど

何か聞こえたらそれはそれで

楽しい。

いや、怖い話じゃなくて。

ははは。

 

 

 

 

今スタジオでミシンと話し続けています。
(それは「独り言多い」ってことなんだけど)

なかなかの毎日。

楽しいから良しです。

 

ではおやすみなさい。

 

サツキ
http://www.scof75.com/musicaanossa/

一日は25時間。

今年に入って、意図して24時間が

回転しないよに心がけてた。

 

 

 

 

 

 

 

例えば、今考えるより先に手が動くみたいな時は

あっという間に窓から日差しが見え始める。

だから、追い込むとか片付けるとか

まとめるとかをしないと決めてた。

 

だけど一年の10ヶ月が過ぎる頃24時間が

はみ出し始めてる。

決め事は、少し外れそうになると

案外気持ちが悪い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

決めたから。

という理由ではなく。

「それを守らなかった。

という理由だけなんだ」ね。

 

悪いことの意味がわからなくても

ただ、怒られるのが嫌なだけ。

みたいな…。

 

自分で、二つを演じてる様。

心は、追いこんじゃだめだ。

 

 

 

 

 

台風が来てるね。
みんなどうぞ用心して。
無事でいよう。

台風情報

台風が心配だから早めに投票に行こう。
不在者、期日前投票もあるね。

 

 

では、今日はおやすみなさい。

昨日の続きはまた明日…。

 

サツキ

Bar Music「暮しの手帖」に行く前のお話。

昨夜は、Bar Musicで「Over Your Shoulder」の

発売前記念イベントで渋谷に出るからと

前々から18日までだった陶芸家「吉田次朗」の個展、

作品に会いに「馬喰町 ART+EAT」へ。

 

 

 

 

 

その後、小伝馬町のグミちゃん夫婦営む

「エスデミックカフェ」へ。

イベント前なのにその日が絶好のお散歩日和だったから、

結構な冒険です。

ずっと作業でスタジオ篭りは、多少の遠さも

歩きも案外へっちゃら。

きっと、リリースのうれしさも手伝ってたんだと思うよ。

久しぶりの馬喰町は、またいろんなショップができていて、

益子にある自然食の「starnet 」が東京に出たと

聞いていたから楽しみだったしね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

吉田さんの作品は、いつも朝夕家では一緒だけど

今回、写真でしか見ていなかった、針金のような

ものに陶器をつけたモノがとても気になって。

ただし、実は既に展示は終わっている時間に

行って、無理を聞いてもらう観せていただいた

から、早々に出てきて残念な思いだけど。

次の楽しみがさらに増えました。

その後、グミちゃんのカフェへ行く途中

starnet 」へ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一階は、器や、自然食が並び、ミニマムな

すっきりとした店内が清々しい。

梅干しと黒豆のきな粉を買う。

(今朝いただいたけれどもとてもとても美味しかった)

 

二階は、天然染めの洋服が並び

毎日を心地よく過ごすために

全ては作られて、揃えられて、いることが

容易にうかがい知れる場所でした。

またゆっくり行こう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、グミちゃんのカフェ「エスデミックカフェ」へ。

いつも75Clothesを着てくれてるグミちゃんは

75 Beretを仕事の帽子にしてくれてて、

とっても感激。

とっても久方ぶりに会えど、無事に過ごし

またこうやって会えることをハグしながら思う。

 

ランチがとっても美味しそうだったらから

今度は、お食事です!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大事な友が元気でうれしい。

「友が元気なのはうれしい」はきっと

エゴなんじゃないか?と思うけど、

そんなことが、自分と友とにぐるぐる回って

みんなが幸せだったらいいよな?と思う帰りみち。

あっ、ますます自分勝手ね。

 

 

そんな私もみんながニコニコ笑って迎えてくれる毎日なんだな….。

 

 

あっ!

急がなきゃ。

とグミちゃんが神田駅を指差す。

 

 

 

 

Bar Musicに向かう前のお話。

山手線に揺られ、Bar Musicへ向かう電車の中は

案外寒くなった夜になっていました。

なんだか少し、さみしくなりながら渋谷へ。

なぜさみしくなった?

この続きは、また明日。

サツキ

STUDIO75 4th 「Over Your Shoulder」

Bar Music「暮しの手帖」二ヶ月に一度の特別な音の時間。

 

24年前に自分達の音に針を落とした瞬間を今でも覚えてる。
そこには今もデザインを共にする櫻田がいました。

髪が伸びるよに時は過ぎ、
合わせて15枚目のアルバムが発売される。

世の中の様相や匂いは変わっても自分達は何も変わらない。

 

ただ矢部さん、ラファ、松浦さん、山下君、
中村君との出会いは魔法の様です。

 

魔法なんて信じないけどね。

そこには、音楽が大好きだという
道があって、歩いていたら出会った。

だから歩き続けるのさ〜。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

明日は、レーベルMUSICAÄNOSSA主宰中村君
の営む渋谷Bar Musicで二ヶ月に一度の
特別な音の時間「暮しの手帖」です。

STUDIO75 4thのアルバム「Over Your Shoulder」
発売を前祝いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

私たちの歩く道に少し遊びにきてね。
行き道寄り道、すれ違い、好きな音と
一緒に待っています。

好きな音だけ聴いていたいのです。
一生かけても、聴ききれないから。

 

 

 

 

 

ありがとうはまだ言わない。

 

 

サツキ

Over Your Shoulder.

発売はいつも幸せな想いです。
それはいつも特別なのです。
 
生まれは、返すよな。
終わって始まって終わる。
だからまた始まります。
 
冬の匂いがする今日
『肩越しから聴こえる音』
 
25日にリリース。
ざわめくよ…..。

ざわざわざわ….。

音楽とても好きです。

 
 

 

サツキ*

ps、良いきっかけ。
ブログ再開できるかな。

謹賀新年 スモサの2017年がはじまりました。

あけましておめでとうございます。
久しぶりに、公式サイトブログを更新
してみると前回はちょうど一年前の新
年のご挨拶…..。

ブログって一年に一回だっけ?
もうびっくり。
お待たせしすぎて、ごめんなさい。

そう、昨年は「Silence」11枚目のアル
バムリリースの年でした。。
なかなかの一年は、よく聞く「早い遅い」
ではなく、「ちょうどよい速度や足取り」で
進む毎日だったのです。

とても楽しかったし、なにより「新しい
アルバム出たんですか?歌いに来てください!」
って言葉は幸せの何ものでもなかった。

Small Circle of Friends史上きっと?
一番ライブツアーした2016年。

きっとそれは、私たち二人と鹿島さん
菅沼さんの四人、そしてDJ RIGOの3人。
そんな結びつきが、足並みよく、確かに
進めた証のよに感じられる一年。

たくさんのみんなに会いに行った2016
は、ありがとうじゃ足りないくらい….。

2016年から2017年へ…。
それは「年をまたぐ」みたいなコトでなく
日続きで進む私たちの音楽を、さらにみんな
に聴いて貰えるコトになるんだと思っています。

だって、すでにいろんなプロジェクトは
スタートしているんだよ。
きっと待たせた!
あのリリースもあの?リリースも…..。

音楽も、洋服も、私たちの歩幅だけれど
確実に踏みしめ進む。
楽しいほうへ。

楽しみに待っていてください!

2017年のSmall Circle of Friendsをどうぞ
よろしくお願いします。

友が、日本の世界のみんなが、そして
私たちが、安心して楽しく暮らせるコトを
切に願っています。

peace.

サツキ

ps、ある日facebookを突然ロックされた
私は2,3日の間「あっ!」と気づいたコト。
案外、閉じられてた空間なんだよな〜って。
(わかってはいてもね…。)

そこで…。
普通にpcや携帯ブラウザーでも観れる、
tumblrにたまのブログなコトを書いています。
ココ↓
サツキ tumblr

アズマさんも。
AZUMA tumblr

ココ、サイトブログにも、更新するけれど
そっちも、見に行ってみてね。
たまに、サツキに逢いに行くよな気分ね。

ちなみにSmall Circle of Friendsの
tumblrもあるよ。
そちらは、サツキとアズマさんの
写真や言葉がまとめてみれます。

psが長っ。
では、よろしくよろしく。

二ヶ月ぶりのご無沙汰は、新年明けましておめでとうございます。#scof75

最後のブログ更新をみると、
10月の映画のお話。

二ヶ月もお休みしていたんだ。
2015年は書くわよ!
と、勢いは秋まで…。

今年も気持ちの勢いはそのままに。
あらためまして。

新年、明けましておめでとうございます。

satsukiriki_icon

 

 

 

 

 

 

 

2015年の年末から2016年を
久しぶりに作業の年越しになった
暮れから、明け。

仕事納めしながら、仕事初めをする
思えば幸せな年越しで。
Studio75の掃除から始まり
こもって作業をすると
いろんなコトが見えてくる。
反芻できるここ数日を過ごしています。

12459704_10205389760924163_2055937285_n

 

 

 

 

 

75clothesのずっと続いてる、鳥飛ぶバスクボーダー。
リクエストにお応えし、ストレートのレディスも登場するよ!
年末年始、じゃんじゃん縫ってます。

いろんなアイデア、イメージをクリエートする。
だけど、溢れ出る頭に描いたコトが全てはできない以上
「選択」していく2016年の過ごし方も考える?

Small Circle of Friendsと75Clothes
の2016年です!
もちろん複線で進んでいきます。

Studio75から生まれるモノを。
その「何か」を選択したのなら、
選択したものを「充実」したものにしよう。
つくづくそう思いながらの作業でした。

12463618_10205389484157244_1347933718_n

 

 

 

 

 

 

 

 

お正月を迎える。
かといって、何がどう変わるコトなく
その選択したコトを、楽しみに変える作業を
今もやっている途中です。

とまあ、ぼわーっとしたお話ですけれど。
要は、2016年もStudio75から出る全てを
みんなと一緒に楽しみたいという願いのみ。

そしてきっと新しい音、服を届けるコトも添え
どうぞ楽しみに待っていてください。

11291433_10204273414336196_174486992_n

 

 

 

 

 

 

 

 

念願だった、SCOF4のLIVEをあのスペースの中
渋谷「Bar Music」で1月17日に開催予定です。
さて〜。
どうなるコトやらですが、あの音溢れる場所で
SCOF4初めを聴きに観に来てくださいね。

そして、LIVE初め1/9 渋谷「OTO」からです。
新曲もするよ!
ぜひお越しくださいませよ。

スクリーンショット 2016-01-01 19.28.40

 

 

 

 

 

 

 

 

では、今年のSmall Circle of Friends
どうぞよろしくお願いいたします。

あっ!一年間(まさに2015年の1月1日から)
暖気(長っ)していたサツキのtwitterアカウント。
一年かけて完全稼動することにいたしました。
https://twitter.com/scof75satsuki
お立ち寄りください。
スモサの「facebook」どぞ、引き続き…。

ココがちっとも更新されてな〜い。
ってとき是非に〜。

みんなにとって、今年がもっと「Lovely Day」な
毎日になりますように。

Small Circle of Friends
サツキ
2016年1月1日

14日 昨夜観たGilles Peterson『ブラジル・バン・バン・バン~ ジャイルス・ピーターソンとパーフェクトビートを探しもとめて~』 のお話。#scof75

未だ、夏の「SCOF75 LL TOUR」の
続きブログが更新できないままだけど…

今夜、渋谷Uplink Xアップリンクへ
Brasil Bam Bam Bam
Gilles Peterson 『ブラジル・バン・バン・バン~
ジャイルス・ピーターソンとパーフェクトビートを探しもとめて~
をようやく観に行ったお話…。

寝際に軽く?つぶやくつもりで、
twitterFacebook開くも、
軽く書けない…。

いや、「とにかくよかった」だけでも
全くもってOKなんだけど。
しかも、早い話きっと観てもらったほうが早いにきまってる。

だけど、そこにはジャイルスのドキュメンタリーと平行に
もちろん音楽のコトも含め、今の時代の何かが凝縮されて
いるように感じ、「溢れでる思い」とかではなく
逆に「何」をどう「何」から話して良いものか?
と、脳を様々な言葉や映像、気持ちが交差するけれど
さっぱり言葉に出てこない。

そして、ふっと思ったのです。
アップリンクのあの劇場には確かに、今のBRASILが。
そして、其処にはまさに今の音楽、世界の有り様。
生活、不安、人間の思う今も昔から何も変わらない刹那。
人間の本質と共に、喜怒哀楽を、観ながら感じていたのだな…。
と、心に溜まった言葉を反芻しながら眠ったのでした。

そしてブログにするコトにしたんです。
flyer-e1442368371693

 

 

 
via uplink

 

オーガニックと言う衣を着た文化の魂から湧き出す音。
魂から響きだすのだから純日本人の私、
いえBRASIL音楽が大好きだと思っていた私なのに…。

「ポルトガル語の壁」あーそうだ。
音をどう理解しようとも滲み出る高揚は、
理解できないんじゃないのだろうか?
次第にスクリーンに入り込めば入り込むほど気恥ずかしささえ、思う中盤。

ジャイルスから、出演者から出る言葉の一つ一つに
今のBRASILへの願いや祈りがありました。
観ている私の心にふと思った、今現実に起こる世界中のコト。
日本のコト。

音楽を通して、観たBRASILの生活は混沌と
漂う中、リズムする人々。
そんなコトも描かれる映画。
ドキュメンタリーとしてのレコーディング風景と
共に、伝えたいジャイルスの想いを感じる。

12107804_10204944609995668_3526939134190194945_n

 

 

 

 

 

 

だけど、しだいに足は静かに動きだし高揚する。
眩い歌声とリズム、映像、そして進むジャイルスの
レコーディングという名のブラジル賛歌。

ジャイルスのエンターティナーぶりはさらに冴え、
今更ながら膝打つ美しいドキュメンタリー映画だったのです。

ネーチャー気分なBRASILの余韻で帰る道。
にしても、少しはポルトガル語がわかれば
きっともっと心の機微さえも理解できたんだろうね。

で、そのジャイルスがレコーディングしていた音源!
すでに6/11に発売されています。
http://www.universal-music.co.jp/gilles-peterson
BRASIL BAM BAM BAM

20140508141627_img2_l

 

 

 

あっ!それからなんと追加延長上映が決まった様子。

21日までですよ。
「Brasil Bam Bam Bam」
『ブラジル・バン・バン・バン~
ジャイルス・ピーターソンとパーフェクトビートを探しもとめて~』
http://www.uplink.co.jp/movie/2015/39489

12122493_10204986960334400_8738393774933863895_n

 

 

 

 

 

 

(写真は、uplinkに行く前よった奥渋谷の『SPBS』にて)

 

さて、このブログを読んでくれたみんなは
どんな風に思うかわからないけれど、
言えるのは、音楽を楽しめる限り、
乱れず、フラットに四方を見渡せる
じゃないのか?と、思った翌日のブログでした。

あーえっと、夏のツアーの日記はどこまで
だったんだっけ。

そうだ。『Lus Cafe
先日、3周年を迎えたね。
からです。
きっと、書くよ。
待っててください。

っと、そうこうしてる間に、
私たちのレコーディングも
順調に進んでいるコトだけは
お知らせしておこう。

12047036_10204956409090638_8553539230015135956_n 11224256_10204960230466170_7721094584357085089_n

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

素晴らしいパーカッショニストNana Vasconcelos
が元気になるコトも願い…。
アップリンクカウンター奥に設置されています。

酷い出来、手前の緑の鶴さん、サツキ作。
酷くたって大丈夫☝️気持ちね。

12115560_10204986145394027_7244245302702997159_n

 

 

 

 

 

 

 

ソンゼイラ!!!!

 

サツキ*
http://www.scof75.com/shop/goods.html

7日 #スモサの夏休み で出会ったコト。ガラス作家「櫻井 彩」さんのコト。#scof75

7日

夏のツアーから戻ると、東京の太陽は
すっかり鳴りを潜め、9月は雨音と
杢グレーの空広がる風景。
 
まあお天気もご機嫌はいろいろ。
暑い、寒いがちょっと困り者だけどね。
でもstudio75作業は、録音の準備調整と

75Clothesは秋のサンプル作りで案外集中できる。

_DSF7963

 

 

 

 

 

 

 

 

なるべく、ツアーで歌ったイメージ大事に
そのままの調子でレコーディング再開したい。
だから、休まず少しゆるりとREC再開☝️。

 
そんな時、作業中スタジオのチャイムが鳴る。
住所は周南!?
わっ。
待ちに待っていた、「サツキ夏の手習い」

#スモサの夏休み でもきっと写真見てもらってるかな?

IMG_0035

 

 

 

 

 

 

 

Sakurai Aya Glass works』アヤ師匠の元、
「フラワーベース 花器」を作った『ソレ』が、

送られてきたのです。
三谷さん家のかわいこちゃん二人と入門したヤツね。

 

11260604_10153701461404781_4218476620506008875_n
 

 

 

 

 

 

 

 

盛り上がる気持ち抑え、ゆっくりと開く。
確かに!それは私が作ったモノとわかる印。
私が挟むやつ(ジャック)持って、
師匠が棒をくるくるっと回してくれた時、
心で(あっ失敗した)と思った、くねくね模様がありました。

11855479_10204809666422163_1972106120_n
 

 

 

 

 

 

僅か、一つ。作っただけだけど。

しかもほぼアヤ師匠が、仕上げてくれたガラスのボトル。
下げる用に、縄紐を取り付け、中に草花を指しやすい様
のガラスの花立ても….。
 
ただ、あのとても暑い日、1400度にも昇る「るつぼ」
を前に、危険もあるクリエート。
アヤ師匠の的確なアドバイスは、心にすっぽりと
入ってくる素晴らしい「ガラスができるまで」のお話。

 

 

 

 

 

11997923_10204809659621993_1276949563_n

 
アヤさんの指導、助言は、日々の創造を裏打ちして
いる証じゃないのか?と話が進むごとに、作業を
見ていくごとに益々魅了されていきました。
 
たくさんのガラス作家を見たわけではないけれど
アヤさんのスタンス、その所作の美しく、無駄ない動き
は見ていてそりゃ心地よく。
それが作品に落とし込まれ、輝くのだなとつくづく
感じ入った作業の時。

11998337_10204809662062054_932647284_n
 
 
 

 

 

 

 

アヤ師匠から、同封されてた優しいお手紙も、

なんと手書きで書かれた解説書も心遣いが
とってもうれしいです。
 
なんだかあの夏の日が懐かしくなって
ちびっと切ない気持ち….。

ぷーーーーーー。
思っていた以上の力加減。
IMG_0040

 

 

 

 

 

 


 

 

だけど、綺麗に仕上げてもらったガラスは

ピカピカで、アズマさんがヘディングして
割りそうと、言われております…..。
(やめて)
 
 
心の中で次回は、ガラスのモビールが
作りたい…..等と生意気を思ってるから
しっかりイメージトレーニングに励みます。
IMG_0020
 
 

 

 

 

 

 

 

東京は、殊の外地震が頻繁におきるけど…。

気にしない。
見ているだけで幸せになるのが、優先です。
そんな毎日を気に入っています。
 
 
また、周南に。

Sakurai Aya Glass worksに戻る日を楽しみに。

 

 

 

 

_DSF7964

 
 
 
 
 
 

 

 

 

 

みんなも体験できるよ!

まずは、アヤ師匠の製作もあるから
mailにてお問い合わせ下さいませね。
それも、ガラスに出会うまでの工程の楽しみ。
 
でも、アヤ師匠かわいいし、

やさしいし、暑いからぼーっとすんなよ〜♡

 

お隣には美味しい珈琲屋さんと
古伊万里などたくさんの器を
展示されているスペースもあって楽しめる場所。

 

11116748_1570332579886605_1853378423_n

 

 

 

 

 

 

 

via actroom

アヤ師匠の作品は、周南や山口
他にも様々に個展や作品展も開催されている様子。
#スモサの夏休み にも行った「旧下醫院跡内」
act room」にも、展開されているのでこちらも合わせて。

かわいいショップで、非常に危険だけどね〜。
サツキ大好き「Coffee Boy ナギサ店」のある場所です。
 

是非是非どうどぞ。

まっこれもそれも、周南蓮尾家の
おかげなんだけどね。
友が友を呼び、広がる。
 
 
今日もぷらりんと、下がるガラス。

Studio75の空気がちょっと変わる…。

12000128_10204809669342236_866837317_n

 

 

 

 

 

 

11枚目のアルバムに向かうひとつの「ぷらりん」です…。

 

サツキ*

⚫︎Sakurai Aya Glass works
open . 第2月曜日 10:00 – 17:00
(工房へお越しの際は、事前連絡が必要ですよ〜。)
ayahhoussu@ymail.plala.or.jp