2008年ライブの〆は、九州なのね。熊本編。

LOMODAYS side 62
2009年も早、12分の1!?
あー時は金なり、Time is money. ね。
過ぎ去るものを。金に例えるとは,ある意味すごいわ。
たぶん、カネというよりはキンだったんじゃ~なかろうか?
小判?熊本城の影響大?
71c4e6e7.JPG
そんな、事をぼーっと考える(なんか嫌だ)
Small Circle of Freindsのサツキです。
またしても、すっかり空いてしまったブログ。
失礼しております。
いや、言い訳なんだけど(ってなんて率直な!?)
75clothesの新作に翻弄?いや奔走している真っ直中。
たーしーかに!かわいいのが、もうたーくさん産まれているけど。
なかなか、全てが一緒に手を繋いでゴール出来ない。
ウレシ、タノシ、イソガシ、な日々です。
今もPCの横には、布の見本帳が散乱……。
見てるだけでうっとりで楽しいんだけどねー、
見てるだけジャーダメよ。
サツキさん!
ハイ!!
75clothes
思えば、2008年12月最後のライブの話をすっかり遠い彼方へ。
行っておりました。
楽しかったのにね。
そう、毎回どうしてそんなにエネルギーがパワーがあるんだ!?
と言わんばかりの九州人。
まずは肥後もっこすの住む、熊本へ。
いつもの、ケンケンさんが呼んでくれるイベントへ。
「FUTUREリリパ」です。
ありがとうケンケンさん。
熊本に到着するなり、ケンケン一家が
お出迎え、始めて噂の3兄弟に会う。
もちろんかわいい奥さん付き。
そのまま、少し遅れ気味のサツキは
会場へ,すでに到着している東さん、リゴさんと合流。
直ぐに,リハへ突入。
えーっ、飛行機嫌いで数十年。
昔ちびサツキは飛行機が大好きで、父に
博多の空港に連れていってもらったり
母と始めて飛行機乗ったのも、ずっとミニサツキの頃。
HIKORKI
もう、今は昔……
乗るのが!嫌いになったんだもん。
と言う事で,延々東京から地下鉄、新幹線、特急ありあけと
乗り継ぎ総時間7時間10分?!ウッそんなもん?
もっと乗ってた気がする。
で、話はリハへ。
そんなエッチラオッチラらなままリハに突入。
何をどう歌っているか分らないまま。
手元の、KAOSS PADやシールドの行方を確認。
よし!
よしって????
そんな足が2センチ程浮いた状態のまま
熊兄が登場。
おー!
今日はDJの熊兄。
楽しみです。
ハイ、熊兄と里起兄。
熊兄の写真掲載は、本人了承無し。
すまん。
だってーちくわ刑事が良いって言ったの。の、
RIKI&KUMAANI
ケンケンさんが「じゃー食事にいきましょう」と
会場を後に熊本の夜へ。
時間があるのでcafeります?って事で
お薦めのcafeに行くも,お客さんいっぱい。
そんなときは、スタバります。
熊兄「はい、サツキさんお土産のパン!」
サツキ「えっーーーー!なんてステキ!?いや熊兄」(いやパン…..)
ブ?Bunzoのパンじゃないの!!
噂では聞いてましたの,イタリアンレストランに
パンが売ってある話。
ググってた、のね。
私。
ほほほ。
PAN2
まったりした後は,,,,,,
おまたせ、熊本名物揃いのご飯屋さんへ。
写真無し!
だって,興奮して食べまくりましたの。
おほほ。
「一文字ぐるぐる」 に「からしレンコン」
酒の肴!?だけど大好き。
「一文字ぐるぐる」 はネギを、ほらよく
糸こんにゃくを一巻きにして売ってあるでしょ?
あんな感じに巻いてある。
上から酢みそがかかっててとっても美味しい。
でも、いつまでもいるとライブに間に合わないから
一足先においとま!
あーからしレンコン!!!!
RIGOさんブログ参照
ホテルに帰り用意をしたら、
さっ!ライブです。
今日は大好きなミチコちゃん(@熊本BEAMS経営)が
お店のカワイコちゃんをたくさん連れて来てくれてました。
しかもなんと!?75clothesのベレー帽をみんなでかぶって!!
うれしー。
お世話になっております。
75clothes。
これからもどうぞ宜しく。
元気でね、みちこちゃん。
ミチコちゃんはとってもおされ、
何でもご相談下さい。
はいこれ!ど?
とステキなものを持って来てくれるよ!
あっミチコちゃん、エイシンくんも元気です。
KUMAMOTOBEAMS
RIKI&EISHIN
そして会場へ。
DJRIGOさんがDJ後の会場は熱気に包まれ
楽しい~~~な空気で充満。
ライブ開始後、横を見ると
穴井”オーリー”くん@小国が!?
えっ来てくれたのね。
うれしい~。
よよよ。
「でも、すぐ帰らないといけないんですよ」
「そりゃそうだろう,遠いしね、途中で抜けてね、
じゃーまた小国に行くから~!」
とまで、ライブ中に話していたにもかかわらず、
終盤、もの凄い盛り上がりを見せる中ふっと横をみると
「えーーーーーー帰るっていったじゃん!!」
「いやー楽しー!!」
「もう,知らない!」
そんな,心優しい穴井くん。
また小国に行くよ!!
待っててね。
ちなみに、ライブ終了後ある人に
「今日小国から来てくれたの、うれしかった~」
と話と「えっ!山路面凍結でそうとうデンジャラスですよ!?」
あー穴井くんの運命やいかに。
(今日時点で元気そうです…..もう)
そして、DJ熊兄のフィーリングーな選曲で
夜は更けて行くのでした~~~。
翌日、ケンケンさんの粋な計らいで
熊本城見学!
はいケンケンさん。
KENKEN
KUMAMOTO2
もちろん、城は当然凄いけどここの骨組み!見て。
そんなものに、うっとり。
へん?
ケンケンさんの粋な計らいはお食事までも!
熊本城内お食事処は「郷土料理 青柳 」
がプロヂュースしている(というのか?)、
御殿内で藩士の食事を再現した『本丸御膳(ごぜん)』を頂く。
なんとまあお城の中でなんて、ステキね。
ムードある事考えます。
KUMAMOTO3
GOZENN
日本食の素晴らしさと、たぶん大陸から来たであろう
食文化、そんな400年も前の事に思いを馳せつつ。
おいじーーーーーー!!
OSINAGAKI
殿様気分の羽織なんかもあったりして。
なんで、着るとそんな顔にみんななるの?
その気になるのね。
RIKITONO
RIGOTONO
久々に、伊勢神宮以来のしっかり観光!?
姫路城なんか、RIGOさんいるからいつだっていけるもんねー
とか思ってるからまだ未体験。
で、RIGOさんと東さんにマッチ変わりの比較ッて事で。
熊本城と二人の殿様。
KUMAMOTO&RIKI
KUMAMOTO&RIGO
やっぱりすごい。
武者返しもマジかで見る。
上れなかったのね。
ここから、敵をみはってたのね。
なんだか、その時代の緊迫した毎日をフっと思い浮かべ
平和な今を、日本を知る。
KUMAMOTO4
そしてさすがnetな昨今。
お城にだって、PCコーナーがあります。
今までぐるりと、見てきた熊本城のクイズとかね。
東さん、RIGOさん挑戦中。
ほんと、満喫してるのね。
RIKI2
RIGO2
宇土櫓は、そのまま改築改装せず残っている
貴重な重要文化財。
本体は、手を加え改築改装されてピカピカです。
UTOGURA
せっかくだからと、みんなで上る。
実はこの宇土という事と熊本城、多少ホントに多少
私、サツキにも関係するルーツがあります。
Satuki
なので、すんごい興味があったから
つかれたお殿様三人組を無理矢理誘い
最上階まで上る。
さすがに、疲れた!
殿様達は、もう帰り階段では無言。
ハハハ~。ごめんなさい。
RIGO3
RIKI&RIGO
お殿様アズマさん、RIGOさん。
おつかれ様。
OHORI
お疲れ殿、RIGOさんをつばめで見送る。
四日後は博多なのに、殿も仕事です。
残念。
RIGOさんと,年末博多で遊び倒そうと
「サツキさん、このチャンスにRIGOさんとリハ出来たのにね」
という東さんをよそに,密かに思っていたサツキ。
そんな、不埒な心は一蹴されたのでした~。
バイバイRIGOさん、クボタさんに宜しく!
RIGO&TUBAME
そして、今年最後のライブ博多はBINGO BONGO SOUND
へと続くのでした~~~~。
はい!続きは次回
今年の仕事は今年の内に等と申しますが。
持ち越す来年、再来年でございます。
WOOD
再来年にはならないよ~。
ははは|って笑ってる場合ではない。
サツキ*
ps、フランス統治時代のベトナムをえがいた
  「夏至」や「青いパパイヤ」の監督トラン・アン・ユンが
  今年、村上春樹の「ノルウェーの森」を手がけるそうです。
  ウ~とても楽しみ。
●熊兄
熊本の一ジャー無いけど,熊兄、でも「兄」を付ければ
いろんな変身技を、持っている。
たまに「ネ兄』にもなる。
そんな、ショートブレッドDJマスターa.k.a博士号(と言う乗り物じゃない)
いつもお世話になってます。今年もお世話になります。
そんな、最近風邪気味の熊兄のブログ。
http://kuma-ani.seesaa.net/article/111547581.html#comment
●BEAMS 熊本店
75clotrhesも品揃えの、熊本でも長くありつづける
BEAMS。この時代にあって、続ける事の素晴らしさが伝わってきます。
それもこれも,みちこちゃんの心意気!?
いや、とってもお洒落心がやさしいからだね。
http://navi.zozo.jp/shop/?sid=463
●熊本城
築城400年祭り開催中。
http://www.manyou-kumamoto.jp/castle/
●BUNZO
BUNZO Le pain de Bのパン!見てほら
もう、よだれが!!!私だけ?
って食べたもんね~。
http://hwsa2.gyao.ne.jp/cojicoji20/

A Happy New 「FUTURE 」Year!!

LOMODAYS side 61
A Happy New 「FUTURE 」Year!!
2008年は、HappyでMerryな年でした。
「FUTURE」リリース後、は「75clothes」
にシフトチェンジ!
今、まさにかわいい洋服を生み出し中の
今年もSmall Cirlce of Friendsの5の方やってます!
サツキです。
東京を脱出。
f982ab9d.JPG
ネ兄!
あけましておめでとうございます。
そんなサツキ。
実家の佐賀に帰ってきました!
saga1
今年はライトファンタジー20周年.
駅のライトはバルーンの光。
佐賀は世界的にも気流が安定しているので
気球世界大会が毎年開催されています。
(たまに民家の軒先に降りて来たりするからびっくりだけど)
町は20年前、佐賀駅から県庁までの通りを
光の帯で結びました。
saga2
その頃は、ドキドキもしたし、
キレイとさえ思ったのに、
なんか、今年は少ない?
気がする???
たぶん,自分は大人になったからなんだろう…..。
と思う。
……….たぶん。
はい!
佐賀はグリコの本場?
本場というのか?
だから、こんなのもある。
glico
と言う事で、サツキは年末も年始も(はじまったばっかりだけど)
pcと生地と格闘中です。
でも、かわいいよー、
自分も楽しみ。
ムフ。
なので、「75 clothes」のサイトが少しづつ変化して行く様を
ココ1週間程、お楽しみ下さい!?
 75clothes New
今年最初の最新ニュース!
lomodaysの貯まる一方の写真と
N75の写真や、75clothesなんかの
北村さんの写真が観たい!
という声にお答えし!!
(たくさん、メールやメッセージありがと。)
「fotologue Official Small Circle of Friends」の
サイトを開設!
まずは,サツキのPhotos archivesと
北村さんが先日12/12のクラブイクスピアリのライブの為に
作って頂いたスライド写真をupしています。
お年玉?ってことで。
*STUDIO75 fotologue
http://fotologue.jp/#smallcircleoffriends
*satsuki photo
http://fotologue.jp/smallcircleoffriends#/8802084/8819432
*N.Kitamura photo(北村さんスライド)
http://fotologue.jp/smallcircleoffriends#/8810446/8818639
photo:N.Kitamura
N75
まだ,サツキさんも恐る恐るfotologueと接しているので
みんなも、触り倒して見てみて下さい。
早くお友達になりたい….。
最近はpenを久々持ち出し、夢中。
pass the micのPVでワンピから斜めがけしてるのは
Olympus Pen.
かわいい。
とっくにlomodaysとは、違ってるってどゆこと?
北村さんのスライドは「FUTURE」の中の
(スライドにする為には下のボタンの⇒をクリック)
『日々行こうよ』をかけながら(スタートも合わせるとベター)
見てみてね。
なぜなら、『日々行こうよ』に合わせて作ってくれてるから。
なの。
photo:N.Kitamura
75 tag
さて、まだまだ倉敷でのあんな話。
九州ミニツアーのあんな話も。
直ぐにup!
待ってて。
それでは、今年もどうぞ宜しくお願い致します。
楽しい事、面白い事,幸せな事たくさんあったらいいね。
そりゃー、大変な事もあるよね。
でも、あははと笑って過ごせたら。
なんてステキ。
笑うと、卵2個分の栄養!!
サツキさん調べ……..。
ウイ。
サツキ*
ps,ルーニーは、交代ワンタッチ目だったんだよね。凄すぎる。
 ガスコインを思い出します、スタイルは違うけどね。
●75clothes
只今冬期休暇中。
今年5日より、アトリエ業務開始です!
少しづつ、サイトup更新中。
今しばらくお待ち下さいませー。
http://www.75clothes.com/
●サガ・ライトファンタジー
ファンタジーなのか?
ある意味ファンタジー。
いや,いい意味で。
http://www.sibf.jp/other/light_fantasy/detail.php
●サガインターナショナルバルーンフェスタ
この時期はホントに、バルーンの花が咲いたのよう。
ボーッとなります。
ボーッと。
http://www.sibf.jp/index.php
●オリンパスペン
誰が撮っても、なんかぼんやりいい雰囲気になる?
パリっぽい(雰囲気、雰囲気ね)感じに写る。
書くペンのように使って欲しいという願いのネーミング。
なんか、そんな事もムードある。
http://www.olympus.co.jp/jp/corc/history/camera/pen.cfm