7日 #スモサの夏休み で出会ったコト。ガラス作家「櫻井 彩」さんのコト。#scof75

7日

夏のツアーから戻ると、東京の太陽は
すっかり鳴りを潜め、9月は雨音と
杢グレーの空広がる風景。
 
まあお天気もご機嫌はいろいろ。
暑い、寒いがちょっと困り者だけどね。
でもstudio75作業は、録音の準備調整と

75Clothesは秋のサンプル作りで案外集中できる。

_DSF7963

 

 

 

 

 

 

 

 

なるべく、ツアーで歌ったイメージ大事に
そのままの調子でレコーディング再開したい。
だから、休まず少しゆるりとREC再開☝️。

 
そんな時、作業中スタジオのチャイムが鳴る。
住所は周南!?
わっ。
待ちに待っていた、「サツキ夏の手習い」

#スモサの夏休み でもきっと写真見てもらってるかな?

IMG_0035

 

 

 

 

 

 

 

Sakurai Aya Glass works』アヤ師匠の元、
「フラワーベース 花器」を作った『ソレ』が、

送られてきたのです。
三谷さん家のかわいこちゃん二人と入門したヤツね。

 

11260604_10153701461404781_4218476620506008875_n
 

 

 

 

 

 

 

 

盛り上がる気持ち抑え、ゆっくりと開く。
確かに!それは私が作ったモノとわかる印。
私が挟むやつ(ジャック)持って、
師匠が棒をくるくるっと回してくれた時、
心で(あっ失敗した)と思った、くねくね模様がありました。

11855479_10204809666422163_1972106120_n
 

 

 

 

 

 

僅か、一つ。作っただけだけど。

しかもほぼアヤ師匠が、仕上げてくれたガラスのボトル。
下げる用に、縄紐を取り付け、中に草花を指しやすい様
のガラスの花立ても….。
 
ただ、あのとても暑い日、1400度にも昇る「るつぼ」
を前に、危険もあるクリエート。
アヤ師匠の的確なアドバイスは、心にすっぽりと
入ってくる素晴らしい「ガラスができるまで」のお話。

 

 

 

 

 

11997923_10204809659621993_1276949563_n

 
アヤさんの指導、助言は、日々の創造を裏打ちして
いる証じゃないのか?と話が進むごとに、作業を
見ていくごとに益々魅了されていきました。
 
たくさんのガラス作家を見たわけではないけれど
アヤさんのスタンス、その所作の美しく、無駄ない動き
は見ていてそりゃ心地よく。
それが作品に落とし込まれ、輝くのだなとつくづく
感じ入った作業の時。

11998337_10204809662062054_932647284_n
 
 
 

 

 

 

 

アヤ師匠から、同封されてた優しいお手紙も、

なんと手書きで書かれた解説書も心遣いが
とってもうれしいです。
 
なんだかあの夏の日が懐かしくなって
ちびっと切ない気持ち….。

ぷーーーーーー。
思っていた以上の力加減。
IMG_0040

 

 

 

 

 

 


 

 

だけど、綺麗に仕上げてもらったガラスは

ピカピカで、アズマさんがヘディングして
割りそうと、言われております…..。
(やめて)
 
 
心の中で次回は、ガラスのモビールが
作りたい…..等と生意気を思ってるから
しっかりイメージトレーニングに励みます。
IMG_0020
 
 

 

 

 

 

 

 

東京は、殊の外地震が頻繁におきるけど…。

気にしない。
見ているだけで幸せになるのが、優先です。
そんな毎日を気に入っています。
 
 
また、周南に。

Sakurai Aya Glass worksに戻る日を楽しみに。

 

 

 

 

_DSF7964

 
 
 
 
 
 

 

 

 

 

みんなも体験できるよ!

まずは、アヤ師匠の製作もあるから
mailにてお問い合わせ下さいませね。
それも、ガラスに出会うまでの工程の楽しみ。
 
でも、アヤ師匠かわいいし、

やさしいし、暑いからぼーっとすんなよ〜♡

 

お隣には美味しい珈琲屋さんと
古伊万里などたくさんの器を
展示されているスペースもあって楽しめる場所。

 

11116748_1570332579886605_1853378423_n

 

 

 

 

 

 

 

via actroom

アヤ師匠の作品は、周南や山口
他にも様々に個展や作品展も開催されている様子。
#スモサの夏休み にも行った「旧下醫院跡内」
act room」にも、展開されているのでこちらも合わせて。

かわいいショップで、非常に危険だけどね〜。
サツキ大好き「Coffee Boy ナギサ店」のある場所です。
 

是非是非どうどぞ。

まっこれもそれも、周南蓮尾家の
おかげなんだけどね。
友が友を呼び、広がる。
 
 
今日もぷらりんと、下がるガラス。

Studio75の空気がちょっと変わる…。

12000128_10204809669342236_866837317_n

 

 

 

 

 

 

11枚目のアルバムに向かうひとつの「ぷらりん」です…。

 

サツキ*

⚫︎Sakurai Aya Glass works
open . 第2月曜日 10:00 – 17:00
(工房へお越しの際は、事前連絡が必要ですよ〜。)
ayahhoussu@ymail.plala.or.jp

 
 
 
 
 

5日 ツアーの真ん中で出会ったコト。「SABON」。#scof75

しばらくのブログ休み。
夏のツアー先日の奈良 aran cafe
がっちり〆めた夏の終わり。

どんどん、調子に乗る。
うだうだの夏を、汗をかき
日陰を求めても、真っ黒になった夏。

11218953_872722699448083_4476660236747991783_n

 

 

 

 

 

 

 

夏は、ほんとはなかったんじゃないの?
って思うくらい、大股で飛び越えた。

たくさんの友と会い、たくさんの友が出来
話し、笑い、食べ、踊り、歌い、走り、歩く。

_DSF7775

 

 

 

 

 

そんなある日、以前からお盆の帰郷で
帰ったら、会いたい、行きたいと思っていた
福岡はみやま市にある「SABON 茶凡
に逢いに、馬場ちほさん、ちーちゃんに逢いに行きました。

私の作る服を楽しそうに着てくれるちーちゃんは、
SPECIALな笑顔の「木彫 accessory作家」であり
SABON 茶凡」の店主。もちろん彼女が作ります。

もうずいぶん前、SABONがOpenした時に
行きたいと思っていたから、そう気負うコト
もなく、ある日に逢いに行く…..。

たまたま旦那様である「木工作家・馬場勝とし」
さんが博多駅阪急デパートで展示会を開催されて
いて、博多駅は「SABON」に行く電車の行き道。

なんとまあ、なかなかな偶然ぶりはちーちゃんに
会う行き道を楽しませてもらってるかのよう。

楠を掘る「馬場勝とし」さんのなんと素敵なコト。
展示されている周辺は、楠の香り漂う…..。
私の籠には、作品のトレーと展示会場で
彫ってらっしゃった、楠の削り木をハンカチに包み。
(とってもいい香りでいただいたのです。)
お目当のちーちゃんと『SABON』に逢いに出発〜。

 

_DSF7659

 

 

 

 

 

緑に囲まれた「SABON」は木々に包まれた場所。

旦那様の作品を始め、ちーちゃんのお気に入りな
作家さんの作品が、良い塩梅で置かれる店内は
もう空気自体が美味しい香りを漂わせていたのです。

その日は、暖かいお茶とお菓子、冷たいお茶とお菓子
そして珈琲とお菓子を、たくさんの話をしながら
いただきました。

_DSF7666

 

 

 

 

 

久しぶりの話は、淀みなくスルスルと流れ
たくさん話し、笑い、驚き、感じ、想う。

ココって、きっと食べるコトだけじゃなく
ちーちゃんが思う信じるもてなしが美味しい
場所なんだなと、つくづく腑に落ちる。

なんだか、ちっとも「SABONってとこはこんなとこ」
って、話せていない気がするけれど。

_DSF7665

 

 

 

 

 

 

 

 

いえ、たぶんみんながそれぞれに 「あー楽しい、美味しい」

と思って帰るだけで、きっとそれだけで
ちーちゃんは満足なんじゃないだろうか?

帰り道、そんなコトを考えながら
「あー美味しかった。楽しかった…」
と思ったサツキでした。

_DSF7664

 

 

 

 

 

秋すぎて、冬の入り口にまた逢いに行こう。
今度はお食事の予約を取って、美味しいにも
逢いに行こう。

ちーちゃんを見ていると、笑っているコトが
どれだけ大事かと、いつも感じます。
日々はそう笑ってばかりいられるもんじゃない。
そんなコトは十分承知。
きっとちーちゃんも思ってる……?

 

_DSF7661

 

 

 

 

 

だけど、きっと今日もSPECIALな笑顔で
もてなしているのだろう…ね。
帰り道、歩く私の周りを楠の香りがついてきます。
旦那様の掘られた楠の果物から放つ匂い….。

とっても落ち着くよい香り。
古代の昔から、アロマは存在していて….
「樟脳」って楠なんだよと、昔母から教わった
佐賀の県木でもあります。

「短か」が、そこかしこにあるのって なんだかうれしい。

11811321_10204591728333847_3014594351559400317_n

 

 

 

 

 

 

 

よい1日だったなと思うよな風景が増えていく

夏の1日でした…。

このお話は、ツアーが終わったら
ゆっくりみんなに話したいなと思っていたのです。

もちろんね。
まだまだツアー中の楽しい話はいっぱいだけど。

一昨日に、美味しいお茶と美味しい瓶が、届きました。
とってもうれしい!思えば、『ツアーが終わってお疲れ様!』 な、
ちーちゃんのお便りだったんだと
じわっと染み入ったよ。
ちーちゃんほんとありがとう。

夏のツアーの、ご褒美のような秋の始まり。

11349994_10204797961369544_27163755_n

 

 

 

 

 
いや〜ん先越されたな〜。
もう、ちーちゃん!
ちーちゃんのブログにご紹介いただきましたよー。

また会いにいくよ。

みんなも逢いにいかない?
ちーちゃんに。

SABONに。

サツキ*

 

SABON 茶凡
お問い合わせ 090-8833-7627

ちーちゃんが煎れたお茶は絶品。
お茶のワークショップもしてるちーちゃん。
美味しい煎れ方習ったら、ついでにおいしいも
ついてくるよ!